ミノキシジル副作用が心配

ミノキシジルの副作用について

発毛剤リアップで、過去3年間で3人が副作用の疑いで死亡した?

 

副作用報告

 

※一部は衆議院議員長妻昭君提出医薬品の副作用に関する質問に対する答弁書からの引用

 

市販薬の発毛剤リアップで、過去3年間で3人の方が副作用の疑いで死亡したとの報告があります。
これは、大正製薬株式会社製「壮年性脱毛症用発毛剤リアップ」の有効成分であるミノキシジルが被疑薬とされる例に関する報告です。

 

同社は、リアップの副作用と疑われる「急性心不全」、「心筋梗塞(疑)」及び「心停止」により患者が死亡した旨の報告がなされているものの、リアップの使用とこれらの症状の発現との間の因果関係の有無は必ずしも明らかではないと考えているようです。

 

同社からは、本件副作用報告に関する事情を聴取したところであるが、リアップの使用とこれらの症状の発現との間の因果関係を明らかにするような情報は得られていないと言っています。

 

また、ミノキシジルの副作用については、2003年発行の「Journal of Cutaneous Medicine and Surgery」に掲載された論文「Safety of Topical Minoxidil Solution: A One-Year, Prospective, Observational Study」によれば、疫学調査の結果、ミノキシジルの使用と循環器系の副作用の発現との間には関連があるとは認められない旨の結論が得られているとのことであり、副作用報告についても急性心不全等の症状の発現とリアップの使用との間の因果関係を明らかにすることは困難であると考えられるところ、現時点で政府として何らかの調査を行うことは予定していないとしています。

 

トップページ