薄毛・脱毛の悪化要因

薄毛・脱毛の悪化要因

蒲毛や脱毛の明らかな原因はまだ研究途中ですが、悪化要因についてはかなり詳しいことがわかってきています。
薄毛・脱毛の予防対策では、これらの悪化要因のうち、取り除けるものはできるだけ取り除いていくことがポイントです。

 

薄毛・脱毛の悪化要因記事一覧

悪化要因①遺伝

脱毛症の原因として、造伝的要素が深くかかわっているらしいことは、昔から指摘されていました。受精後、すでに3力月頃の胎児の段階で、将来、黒髮になるか金髪になるか、直毛か縮毛かなど、毛髮に関する親の遺伝性がすべて受け継がれます。この遺伝子情報を受け継いだ最初の毛母細胞ができると、その後、細胞分裂がくり返...

≫続きを読む

悪化要因②ストレス

薄毛になりやすい人の8割が、心理学でいうところの「神経質タイプ」だつたという報告があります。イライラしていたり、心配事が多かったりすると、ストレスから皮脂腺の働きが活発になり、皮脂の分泌も増すことが明らかです。また、ストレスがあると、自律神経のバランスが狂います。自律神経は、自らが意識しないでも、自...

≫続きを読む

悪化要因③食生活

毛髪は皮膺の一部であり、血管から栄養をもらつています。よい髪の毛を育てるためには、「何を食べるか」もとても大切です。まず注意したいのは、肉食など脂分の多い食事のとりすぎです。血液中のコレステロール濃度が高まり、皮脂の分泌が多くなって、脂漏性脱毛症の原因になります。髮の毛はケラチンというたんぱく質でで...

≫続きを読む

悪化要因④タバコ

タバコの煙に含まれるニコチンは、血管を収縮させるため、栄養分が頭髪を育てるのを妨げます。ハーバード大学公衆衛生学部の調査によると喫煙がアントロステンシオンテストステロン、デヒドロテストステロンなど、ほとんどすべての主要な男性ホルモンを増加させることがわかりました。この研究は喫煙とホルモンの関係を調べ...

≫続きを読む

悪化要因⑤健康状態

とくに大事なのは、食べ物の消化・吸収をつかさどる胃腸の健康状態をよくしておくことです。食べたものがうまく消化・吸収されなければ、髪の健康を保つことができません。また、肩こりも頭皮の血行を悪くするので、 注意が必要です。ひどくなる前にマッサージなどでほぐしておきましよう。円形脱毛症などの場合は、ひどい...

≫続きを読む

悪化要因⑥間違った手入れ

肌に合っていない合成界面活性剤や殺菌剤などが多く含まれているシャンプー剤や整髪料などを使用した場合、皮膚への刺激によって抜け毛が増えることかあります。また、シヤンプー後のすすぎが不十分だと、その成分が頭皮に残つて皮膚を刺激します。パーマ液や毛染め剤などに含まれるチオグリコール酸やジアミン、アルカリ剤...

≫続きを読む